読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世はレースのようにやわらかい

音楽ネタから始まったのですが、最近は美術、はたまた手芸等、特に制限は設けず細々と続けています。

美術検定

15日に美術検定を受けて来ました。略してビジケン(これじゃあビジネス検定だ)。
試験会場はお茶の水女子大学。最寄の茗荷谷駅に着いたら、受験票を手にした若い女の子達が一斉に、駅に備え付けの地図と受験票の地図とを一生懸命交互に照らし合わせていて、ちょっと異様な光景だった。受験者数は、思ったよりも多いなという印象。


この所ここでエラソーに美術について語っている自分をちょっと戒めようと、受験を思い立ったのが今から2ヶ月程前。それまではこんな検定試験が存在している事すら知らなかった。それなのに見栄を張って2級に挑戦。で、思った通り撃沈…。これは絶対合格は無理だー!今の自分の実力からして。
合否発表は12月下旬らしい。通知が届いたらその旨をここにも書いておきます。自己採点は怖くて出来ん。いちおう美術ヲタになる努力をここ1週間ぐらいは続けていたんですが、如何せん記憶力が著しく低下しているので厳しかった!


試験を受ける事自体も久々だったので、回答用紙に記述するのにエラく時間がかかりました。なのでロクに見直しも出来ませんでした。実はマークシートに正確に記入出来たかどうかすら怪しい…。この辺もリハビリが必要だったのね。
結果は散々だったけど、何冊か面白い本に出会う事が出来たので、勉強は無駄じゃなかった、と、思いたい。


問題の内容については、過去問と照らし合わせて見る限り、まーこんなもんだよなー。としか言えません。予想していたケルトものが出たにも関わらず、回答は分からず。あと試験前日になってメモしておいた野々村仁清に関する問題も出たのに、これも分からず。この辺悔しー!
この悔しさをバネにして、もっと美術に詳しくなってやる!と、心に誓ったのでした。(大袈裟)


勉強を始めた頃は、自分で適当にこんな問題を作ったりして遊んでいました。ついでだから載せちゃいます。当然本番でこのような問題は出題されませんでした。もし宜しかったら解いてみて下さい。

なんちゃって美術検定問題


Q1 この中で第二次世界大戦中に、出征によって命を落とした画家でないのは?

1.靉光 2.大塚耕二 3.柳瀬正夢 4.金子孝信


Q2 この中でジャン・コクトーの肖像画を残していないと思われる画家は?

1.ピカソ 2.アンディ・ウォーホル 3.ジャコメッティ 4.レオノール・フィニ


Q3 元スミスのジョニー・マーは無名時代、ジャーナリストであるシェリー・ロードの家に居候していたが 、そのシェリー・ロードはどの画家についての本を書いたか?

1.スタンリー・スペンサー 2.フランシス・ベーコン 3.デヴィッド・ホックニー 4.ローレンス・スティーブン・ローリー


Q4 昭和初年、東京深川に突如現れた奇想建築の名前は?

1.転覆亭 2.偏奇館 3.ニ笑亭 4.無頼荘


Q5 久生十蘭の小説「ハムレット」に、「あなたのお顔、◯◯の『死せる基督』にそっくりだわ」という一節があるが、この◯◯に入る画家の名前は?

1.スーチン 2.ゴヤ 3.ドラクロワ 4.マティス