読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世はレースのようにやわらかい

音楽ネタから始まったのですが、最近は美術、はたまた手芸等、特に制限は設けず細々と続けています。

文化学院

文化学院っていつの間にか御茶ノ水から両国の方に移転しちゃってたのね。
結局、歴史的な建物の門を一度もくぐることはなかった。一回ぐらい潜入すれば良かったと、今更ながら後悔。
創立は1921年。古くは、かの長沢節氏も通っていたという。


なんと、自分がセツに通っていた頃に同期だった方が、現在この学校の講師として招かれている事を最近になって知った。

その人は、セツに来るだけあってものすごくスリムな方で、どうやら授業の合間にセツ先生から、

「キミ、細いねぇ~!(デッサンの)モデルやってみない?」

と、スカウトされた事もあったみたいだ。
セツの休み時間にそんな事をポロッと話してくれた。
ふむ、ホントにセツ先生は好みの男の子を見つけるとすかさず口説くんだと、その時に思った。
当時すでに2人の子持ちだったその人は、丁寧にお断りしたそうだが。


セツを卒業してからは、当時の同級生だった人達とも段々と連絡をとらなくなり、今ではまったくつながってないんだけど、ちょっと最近、セツ時代の事を人から訊かれた事があり、また、あの学校について回想していた。

セツから離れてもう何十年も経つんだけど、この人のように、かすかにだけどセツ関連のものに御縁がある人もいるんだなぁと、思ったのでした。