読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世はレースのようにやわらかい

音楽ネタから始まったのですが、最近は美術、はたまた手芸等、特に制限は設けず細々と続けています。

Morrissey Japan Tour 2012(千秋楽)

5/3 @恵比寿 The Garden Hall


泣いても笑ってもこの日が今回のジャパン・ツアー最終日。
ここにいる人たちは皆それを意識している。当然モリシーも意識しているはず。


開演前から川崎の時とは明らかに違う空気が充満している。チケットは完全ソールドアウト。正直、4/21の時点では、ここまでの盛り上がりになるとは予想していなかった。そう、今回、モリシーは異例の日本長期滞在だったのだ。


すっかりお馴染みとなったパティ・スミス等のSEが会場内に流れ、開演30分前を告げるモリシーお気に入りPVの上映が始まると、否が応にも気分が高揚する。かかる曲の傾向は前回の来日の時と何ら変わらないけど、見せ方に格段の進歩が見られる。って、あれから10年も経ってるんだもんね。


お約束通り鐘の音が鳴り響き、定刻キッチリにライヴははじまった。今回の第一声はよく聞き取れなかったけど、「welcome to my garden !」だったらしい。


一曲目のLet me kiss youから脱いだ!(笑)が、すぐさまステージ袖に引っ込んでお色直し。


演奏はどんどん進む。今回は歌うことに重点を置くつもりらしい。差し出された手を握り返す事も少ない。


さすがに連日のライヴで疲労が重なっているのか、歌い終わると呼吸が上がっているのが如実にわかるが、そんなのはものともせず、朗々と歌い上げる。


Shoplifters〜は今回のツアーで初披露。凄い盛り上がり!万引同盟!やった〜っ!!!


Please, please, pleaseでモリシーは、観客に歌を委ねようとするも見事失敗し、プーッと吹き出す。そこがかなりツボだった。なんてチャーミングなんだかれは。で、そのあと「No! No! No!」と絶叫したのか。(←YouTubeで確認。便利な世の中になったもんだ…。)


そしてアンコールを迎え、今までは1曲だったところ、今回はもう1曲。Everyday is like sundayが本当のラスト。客席から投げ込まれた日の丸の旗を前掛けのように腰に巻き、come armageddon come armageddon come〜のところでは国旗をぶるんぶるん振り回しながら歌う。
現在のこの日本の状況下で、「落ちて来い核爆弾!」を日の丸振り回しながら歌い、観客も拳振り上げ大合唱の図を作り上げるなんて…(絶句!)
しかも、バックで演奏してるのは、女装1名と、“M”のイニシャルが入った黄色いぱんつ一丁の若い男4名。
そして、バックスクリーンには「WHO IS MORRISSEY ?」のフキダシ付きオスカー・ワイルド!!
どう見てもモンティ・パイソン
つまりもんのすごくシュール! 強烈すぎ!!!
そして最後、「tears! tears!」と言いながら、両目頭を押さえるモリシー。
こんなにハチャメチャなシチュエーションなのに、これは感動ものだった!


すべての演奏が終わり、モリシーは、日の丸を背負いながらステージ袖に消えていった。その背中は泣いてるようにも見えた。
また日本に来ると言ったモリシー。今回初めての長期滞在で、きっと色んな予期せぬ体験もしたに違いない。それを踏まえても、また来たいと言ってくれたのだ。すごく嬉しかった。

setlist

  1. Let Me Kiss You
  2. How Soon Is Now ?
  3. Don't Make Fun Of Daddy's Voice
  4. Alma Matters
  5. You Have Killed Me
  6. People Are The Same Everywhere
  7. Shoplifters Of The World Unite
  8. I'm Throwing My Arms Around Paris
  9. Speedway
  10. Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
  11. You're The One For Me, Fatty
  12. When Last I Spoke To Carol
  13. Action Is My Middle Name
  14. Ouija board, Ouija board
  15. To Give (The Reason I Live)
  16. Please, Please, Please Let Me Get What I Want
  17. Meat Is Murder
  18. I Will See You In Far-Off Places
    • encore
  19. First Of The Gang To Die
  20. Everyday Is Like Sunday


こちらを参考にさせていただきました。どうもありがとうございます!

to be continued...