読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世はレースのようにやわらかい

音楽ネタから始まったのですが、最近は美術、はたまた手芸等、特に制限は設けず細々と続けています。

「作家の〜」もの

一つ前の記事を書いている時にフト思ったのですが、「ミュージシャンの何とか」とか、「有名人の何とか」って、割と気になるものなんだなーと。で、本屋さんに行くと、割とそういうシリーズものがコンスタントに出ている事に気付かされます。
今回は自分用メモとして(いつもそうなんですが)、「作家の〜」関連のものを並べてみる事にしました。先ずはコロナブックスから。


作家の食卓 (コロナ・ブックス)

作家の食卓 (コロナ・ブックス)


これは雑誌太陽の特集記事を再編集したもの。この特集を太陽で見た時は、ここまでやるんだ。。。という、呆れにも似た感情を抱きました。でも新鮮で凄く面白かった。
ここから2匹目のドジョウ、3匹目のドジョウがずらずらっと並びます。


作家のおやつ (コロナ・ブックス)

作家のおやつ (コロナ・ブックス)

作家の猫 (コロナ・ブックス)

作家の猫 (コロナ・ブックス)

作家の犬 (コロナ・ブックス)

作家の犬 (コロナ・ブックス)

作家の酒 (コロナ・ブックス)

作家の酒 (コロナ・ブックス)


……コロナからは脱出して、


作家の家―創作の現場を訪ねて

作家の家―創作の現場を訪ねて

  • 作者: フランチェスカプレモリ=ドルーレ,エリカレナード,マルグリットデュラス,Francesca Premoli‐Droulers,Marguerite Duras,Erica Lennard,鹿島茂,博多かおる
  • 出版社/メーカー: 西村書店
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 大型本
  • 購入: 2人 クリック: 71回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る

これはどれも写真が美しい。コクトーの家も紹介されています。
コクトーの家は昔から有名だけど、それ以外はなかなかお目にかかる事の出来ない作家の家も取り上げられていて、興味深い本です。
重たい本なので、なかなか買うには至らないのですが。。。


Atelier

Atelier


なかなか見る事の出来ないアーティストのアトリエが紹介されています。
人物のセレクトが面白い。
立花ハジメ氏のアトリエに、Spectrumのレコードジャケットが飾られていた。パラパラとめくっていたページを思わず戻して確かめちゃったよ。


……まだまだあるんでしょうが、とりあえず今回はこの辺でおしまい。