この世はレースのようにやわらかい

音楽ネタから始まったのですが、最近は美術、はたまた手芸等、特に制限は設けず細々と続けています。

モリシーが横浜公演をキャンセルした。

Moz

MORRISSEY – CREATIVEMAN PRODUCTIONS 今週は水曜と木曜の2日間、モリシーの来日公演に行ったので、今週末はそのライヴの感想文を書こうと思っていたのだが、その前にこのニュースが飛び込んで来た。 うわ、不意打ちだ。ていうか忘れてた! この男がキャンセ…

バレエ発表会、60周年記念公演を観賞してきた。

先日、以前ここに書いた、2年に1度の叔母さんのバレエ教室の発表会が、今年も無事開催されたので、見て来た。 almondeyed.hateblo.jp さらりと『60周年』と書いたけど、叔母さん一人で教室を立ち上げて、ずっと途切れる事なく続けて来たのだから、とてつもな…

Quilt & Stitch Show 2016に行って来た。

キルト&ステッチショー2016 - 日本初のキルトと刺しゅうの祭典 キルトと刺繍にターゲットを絞ったイベント。今年初めての開催だそうです。(17日に終了) キルトのイベントは沢山あるけど、刺繍の方は今迄ありそうで無かった。 ワークショップに参加してみた…

世界に挑んだ7年 『小田野直武と秋田蘭画』展のトークイベントに参加してきた。

※まだ正式ヴァージョンではないけど、これが展覧会チラシ。折り曲げてしまった…。 先日サントリー美術館で、11月16日(水)から始まる『小田野直武と秋田蘭画』展のプレミアムトークショウが開催されました。 これは報道関係者向けに行われたイベントだった…

80年代の服が蘇った。

今年のお盆はまとまった休みが取れたので、その間に何か作ろうと意気込んではみたものの、結局出来上がったのはこのギャザースカートだけだった。 実はこれは、元々ノースリーブのワンピースだった。つまりリメイクしただけ。 買ったのは1980年代半ば。DCブ…

ジュリア・マーガレット・キャメロン展

『ゾーイ―アテネの乙女』(1866年) ラファエル前派を写真にしたような世界。 先日、三菱一号館美術館で開催中の『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』の、ブロガー・特別内覧会に招待されたので行ってきました。 ジュリア・マーガレット・キャメロン(18…

東武百貨店で開催中の有田の魅力展に行って来た。

デパートの底力! 池袋の東武百貨店で今日から『400年 有田の魅力展』が始まっているのですが、前日に行われたオープニングセレモニーに招待されたので、その模様を手短にお伝えします。会期は28日(火)迄なので、ぐずぐずしてると終わっちゃうー! ※写真は…

バッグの持ち手を補強してみた。

以前、amcoというお店で購入した酒袋バッグが、持ちすぎて持ち手がボロボロになってしまったので、さてどうしようと思っていたのだが、 ちょうど手頃な端切れを見つけたので持ち手にあてがったら、何とサイズがピッタリ合っていた。 実は、ジーンズを裾上げ…

着せ替えバッグ

この前、リネン生地でリバーシブルのバッグを縫ってみた。 パターンはこの本を参考にした。 リネンで雑貨―手づくりの愉しみ 作者: 石川ゆみ 出版社/メーカー: 文化出版局 発売日: 2005/02/07 メディア: 単行本 クリック: 53回 この商品を含むブログ (15件) …

ナム・ジュン・パイク 没後10年。

ART

なんだかここを更新する余裕がこのところ無かった。 その間、プリンス訃報のニュースが飛び込んで来たりとかして、これについては一言書きたい想いもあったのだが、結局書けなかった。そんな中、突然自分のメールボックスに、Artsyという現代アートのサイト…

『没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展』を見てきた。

没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展 / 練馬区立美術館 昨年、この展覧会が長野県飯田市で開催された時は、絶対そこまで行ってやる!とまで思ったんだけど、結局断念。しかし、練馬区立美術館に巡回する事を知り狂喜乱舞。やったー! という訳で、展覧…

Violet City Lantern / Murals

themurals.bandcamp.com ひさびさに音楽関連のトピックを書いてみた。 ケンタッキー州ルイビルのバンドみたいです。 ドリーミーな音がたまらん。 春が近いのでこんな感じの音楽がアンテナに引っかかって来たようだ。

住友家15代当主住友春翠が蒐集した逸品が堪能出来る展覧会。

東京(六本木)|住友コレクション 泉屋博古館 去年泉屋博古館で展覧会感想アンケートに答えたら、今年の年賀状としてこの『バロン住友の美的生活』展の入場割引葉書が送られて来た。「ラッキー♪ でもまだまだ先じゃん。」と思ってたらもう今週末から開催っ…

東京国際キルトフェスティバル

第15回東京国際キルトフェスティバル ―布と針と糸の祭典―|東京ドームシティ公式サイト キルト愛好家のおばちゃん、おばあちゃん達が全国から集結するキルトフェスティバルに、去年に引き続き今年も行って来た。 今年のテーマはウィリアム・モリスとピーター…

David Bowie

RIP

デヴィッド・ボウイ、密葬を予定 | David Bowie | BARKS音楽ニュース 1月10日に69歳で逝去。第一報を目にした時は衝撃が走った。デヴィッド・ボウイのいない世の中が、こんなに早くやって来るとは…! 【動画】デヴィッド・ボウイの回顧展を収録 ドキュメンタ…

謹賀新年

Soundpoolアーティスト: Dif Juz出版社/メーカー: 4ad / Ada発売日: 1999/03/23メディア: CDこの商品を含むブログを見る 簡単ですが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。なかなか更新出来なくてもどかしいのですが、ぼちぼちやって行こうと思います。

画家 川田祐子さん。

川田 祐子 展 ー 油彩画 揺光 ー 現在、KANEKO ART TOKYOで個展を開催している川田祐子さんの作品に強いインパクトを受けるきっかけになったのは、ちゃんと感想は書けてないんだけど、2014年に見に行ったクインテット展だった。しかし、実はもっと前に彼女の…

パンの耳

職場の近くにある調理パンを製造販売しているお店で朝に昼食用のパンを買い求めに行ったら、「パンの耳要らない?」と訊かれたので、「はい」と返事をしたら、こんなにドッサリくれた。写真にするとどのぐらいの量か分からないと思ったので、横に500mlのペッ…

プラド美術館展

プラド美術館展—スペイン宮廷美への情熱 |三菱一号館美術館 先日開催されたwebイベント、『青い日記帳×「プラド美術館展」ブロガー・特別内覧会』に招待されたので行って来ました。 プラド美術館というと、武蔵美の通信に在籍していた頃の、夏季スクーリン…

空気が読めない人。(それは自分)

この前、もうすぐ会社を辞める若い男性社員と帰りが一緒の時間になったので、一緒に駅まで歩いて行った。その日は雨がぱらついていたので、わたしは傘をさしていた。しかしその人は持っていなかったので、わたしの傘に入ろうとするのだが、生憎身長差が半端…

きものモダニズム展

東京:企画展インフォメーション|泉屋博古館 住友コレクション 「特別展 きものモダニズム」六本木で開催 - 大正・昭和に生まれた華やかな「銘仙」100点 | ニュース - ファッションプレス 大正〜昭和にかけて一世を風靡した銘仙柄の着物を、一堂に集めた展…

『月映(つくはえ)』田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎

東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY - これは名古屋に巡回していた辺りから何となく気になっていた展覧会だった。 何せ、今から丁度100年前に発行された『月映』という版画同人誌の事を、この展覧会が開催されるまで知らなかったもので。 …

『画家の詩、詩人の絵』展 感想

詩的な絵。絵的な詩。 画家の詩、詩人の絵 | 平塚市美術館 楽しみにしていたこの展覧会を、この前の連休中にようやく見て来た。 古来、日本で描かれていた絵は、物語と絵が渾然一体となったものだった。それが明治以降日本にもたらされた当時の西洋の先進的…

手芸屋さんの『おおはし』閉店。

9月いっぱいで閉店して、現在はシャッターが下りている状態。9月中は昼休みになるとこのお店に行っては、何か良い物はないかと物色していた。結局買ったのは小物入れとか、バッグの口を留めるマグネットとか、リックラックテープとか、ちまちました物ばかり…

所沢聖地霊園から引込線。

連休中はお墓詣りに行って来た。 所沢聖地霊園の事務所や休憩所はいつの間にか改築して様子が変わっていた。 ちょっとモダンな霊園を目指しているのか。いやもともとそのつもりだったのか? この日は日差しが強くて暑かった。 引込線 2015 美術作家と批評家…

オータムマーケット2015

東京国際キルトフェスティバル Autumn Market 2015 | 東京ドームシティ公式サイト このイベントは、毎年1月に行われている東京国際キルトフェスティバルの秋ヴァージョンという位置付けなのかな。会場はドームではなくてプリズムホール。今年初めての開催。…

『あけぼの村物語』(1953年) 山下菊二

東京国立近代美術館で13日迄開催されていた『No Museum No Life ? これからの美術館事典』は6月から始まっていたのに、実際に足を運んだのは会期最終日だった。 これは、美術館で展示されている美術作品ではなく、それを飾るハコの側にスポットライトを当て…

泉屋博古館 特別展 『きものモダニズム』

この秋都内では大正浪漫を満喫出来る展覧会が目白押しだ。これは、大正〜昭和時代初期に隆盛を極めた銘仙と呼ばれる、絣の華やかなきものに特化して紹介する展覧会です。このチラシは美術館にあるチラシコーナーの中でも、鮮やかな色彩で一際目を惹きました…

「画家の詩、詩人の絵 絵は詩のごとく、詩は絵のごとく」

9月に突入してから行きたい展覧会が一気に増えた。平塚市美術館に行ったら面白そうな企画展のチラシがいっぱい置いてあったので、いろいろと貰って来た。 その中で、平塚市美術館で来週末から始まるこの企画展を今回は紹介。 『画家の詩、詩人の絵 絵は詩の…

平塚市美術館に行ってきた。

美術館にお目見えのペコちゃん。 ペコちゃん展 | 平塚市美術館 神奈川県内の美術館には何ヶ所か行っているけど、平塚市美術館にはまだ行った事がなかった。先週の土曜日が初訪問。ここでは現在『ペコちゃん展』を開催している。13日(日)まで。 平塚市美術…