この世はレースのようにやわらかい

音楽ネタから始まったのですが、最近は美術、はたまた手芸等、特に制限は設けず細々と続けています。

ART,exhibition

バルテュス展

バルテュス展去る4月28日に、『バルテュスナイト☆』(何故に星印?)なるタイトルの夜間内覧会に参加して来ました。※会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。この日は節子夫人もお招きし、展覧会に向けてのメッセージと、写真撮影が行われました。…

これっていいね 雑貨主義 展

これっていいね 雑貨主義 展|展覧会情報|大岡信ことば館『雑貨主義』って何だ!?雑貨に“主義”を持たせるって凄いじゃないか! 谷川晃一の名前を意識し出したのは、澁澤龍彦関連人脈からだったと思う。 作風だけを見ると、ちょっとこの人脈からは外れる、ポ…

拡張するファッション 神田恵介×浅田政志トークショーツアーに参加してきた。

水戸芸術館|美術|拡張するファッション 先日、わりかし最近お知り合いになった、Keisuke Kandaファンである友達から、そのブランドのファンクラブ主催による、水戸芸術館行きの1日バスツアーに一緒に行きませんか?というお誘いを受けた。 わたしはこのブ…

ザ・ビューティフル 英国の唯美主義 1860-1900

ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900|三菱一号館美術館先日、この展覧会のブロガー内覧会に参加してきました。※画像は許可を得て撮影したものです。 この日はナビゲーター役として、『弐代目・青い日記帳』というブログを運営している中村剛士さん…

ラファエル前派展

テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢 開催を楽しみにしていたこの展覧会を観てきました。今回は内覧会鑑賞時の感想なので、しょぼいんですが画像も添えてあります。 ※画像は主催者の許可を得て撮影したものです。 今回の展覧会…

クインテット-五つ星の作家たち

@損保ジャパン東郷青児美術館 『風景画』をテーマにした、現代作家による企画展。 出品作家 児玉靖枝、川田祐子、金田実生、森川美紀、浅見貴子この5人はいずれも1960年代前半ぐらいの生まれで、美大出身。この企画展には、20年ぐらいコンスタントに作品を発…

平野甲賀の仕事展と、ドッペルツイマー

平野甲賀の仕事 1964−2013 展 | 武蔵野美術大学 美術館 平野甲賀(1938-)が1960年代から現在まで手がけた装丁本や演劇ポスター、チラシ等を一望する展覧会。21日まで。 平野甲賀デザインの本、または晶文社の本は装丁が独特なので、本屋さんに行くと思わず…

ターナー展

『英国最高の巨匠 待望の大回顧展! ターナー展』 @東京都美術館 ターナー展、実は10月中に一回観に行ってたんですが、感想を書きあぐねておりました。 そのうちに、こんなイベントが開催されるという事を知り、応募してみたところ、参加が叶ったので、再度…

ラウリー展と、彼に影響を与えた画家。(2)

ラウリーに影響を与えた画家。もう一人は直接彼に絵を教えた人です。 ピエール・アドルフ・ヴァレット (1876-1942) フランスの印象派の画家なのですが、渡英後マンチェスターに仕事を得て移り住み、ラウリーが通う事になる『Manchester School of Art』で教…